MENU

産後うつはこんな人がなりやすい?

mamanic

初めての出産は、何もかもが初めてで、気持ちに余裕のないお産を経験すると思います。

 

出産がゴールではなく、これからスタートという感じで育児が始まるわけなので、産後は何かと休む暇がありません。

 

 

ママは、赤ちゃんが寝ている合間を見て一緒に仮眠をする方法を取って、できるだけ体を動かさないような生活をしていきましょう。

 

産後はしっかり休みましょう!

 

産後1週間ほどすれば、赤ちゃんと一緒に退院することができ、自分の家に戻って生活をするわけですが、最低2ヶ月は家事をせずに、赤ちゃんと一緒の生活をしましょう。

 

「周りに迷惑をかけてしまうので、家事はやらないといけない!」と思いがちですが、自分がやってしまうとできるものだと思って、普段通り任せてしまいます。

 

ところが、体はまだ悲鳴をあげている状態なので、できると思っていてもまだまだ体を大事にして、夫や家族に任せましょう!

 

「何でも自分でやらないといけない!」と思っている人ほど、産後うつになりやすく、自分で自分を責めてしまう傾向があるので、時には人に任せきりにするような図太い神経になってみましょう!

 

しかし、それが逆にストレスに感じてしまう方も多いと思います。

 

mamanic

本当は自分がやらなければならないのに・・・と深く考え込んでしまいがちですが、産後の1ヶ月・2ヶ月の間しか休める期間がないわけですから、しっかりと体をやすめることに専念することが大切なのです。

 

 

 

産後3ヶ月もすれば、嫌でも家事や育児がのしかかってくるわけなので、体が本当ではない時期に無理に頑張らなくても良いのです。

 

家事などは徐々にこなしていくようにしましょう

 

産後2~3ヶ月すると里帰りから戻り、自分で色々と家事をこなさなくてはならなくなり、一気にストレスが掛かってしまいます。

 

体がやっとで動くようになってきたと思うと、急に家事や育児に追われる毎日になってしまうので、産後うつを発症してしまう方も決して少なくありません。

 

自分でちゃんとやっていくことができるかという不安もあり、一人で悩んでしまう方も多いので、夫とは何でも相談できるように普段からコミュニケーションを大切に生活していきましょうね!

 

mamanic

 

そして、引き続き家事を手伝ってほしい場合は遠慮せずに、家族に協力してもらうことも忘れてはいけません。
自分が動けなくなっては育児も家事もできず、もっと周りに迷惑をかけてしまう結果になってしまいます。

 

普段から協力してくれる家族など、困ったときは支え合って生活をしていくようにしましょうね!
また、栄養のある食事をしっかりと摂り、心も体も強く健康で生活ができるようにしましょう。