MENU

産後うつにならないための効果的な予防策とは?

 

mamanic

 

産後うつ」は、自分でも気が付いていない場合があります。

 

出産時、大量の血液が流れ出され、女性ホルモンも一気になくなってしまうので、体力の消耗だけではなく精神的にもダメージを抱えてしまう方も多いのです。

 

産後うつにならないためにはどうすればよい?

 

産後うつは、全ての女性に起こる可能性はあるものの、全体の10~15%の方に発症していることがわかっています。

 

産後うつになってしまうと、物事を悲観的に考えすぎてしまい、症状が重いと自分だけではなく親子で無理心中という最悪な結果になってしまう場合もあるので、軽く見てはいけないのです。

 

mamanic

自分が産後うつかもしれないという場合は、まず夫に相談し、自分の事を何かと知ってくれている出産した産婦人科へ相談するなどして、今の状態を誰かに伝えることが大切なのです。

 

夫以外の家族でも良いです。一人で抱え込まずに、悩みを打ち明けることが大切です!

 

産後うつは、時間が経過すると症状は和らいでいくと言われています。
しかし、不規則な生活をしている場合や、栄養不足な生活をして偏食な食生活をしていては、症状が深刻化してしまう場合もあるのです。

 

産後うつにならないためには、子供に合わせた規則正しい生活をすること、栄養のある食事を摂ること、家の中に引き込まず外へ散歩することなどが効果的です!

 

無理のない程度で気分転換をしましょう!

 

産後2ヶ月を経過すると、普段通りの生活に戻れる時期なのですが、まだまだ無理はいけません。
骨盤も開きやすくなっているので、骨盤ベルトをしっかりとして、半年ほど付けることをお勧めします。

 

産後3ヶ月ほど経過すれば、赤ちゃんの首がしっかりと座る時期なので、おじいちゃんやおばあちゃんに預けて気分転換に出るのも良いでしょう。

 

mamanic

産後から取り組めるストレッチや、運動を行うことで体の「気」が巡るようになっていきます。

 

体の巡りが良くなることで、モチベーションをあげることができ、笑顔が増える生活をすることができます。

 

 

産後は家に引き込まず、無理のない程度に体を動かして外の空気を吸いましょう。

 

産後うつの症状があると、最初は人と関わるのがとてもしんどく感じてしまいますが、少しずつ楽しく感じてくるはずです。
体を動かし代謝を上げ、体の巡りが整ってくると、悲観的だった自分がプラス思考に考えることができるようになっていきます。

 

産後うつは、人それぞれ症状の度合いが異なりますが、引きこもった生活は症状を深刻化させる一方なので、少しずつで良いので他の人と関わりを持ち、体を動かした生活を取り入れていくと効果的です!

 

産後うつ対策にも葉酸サプリが効果的という意見もあります。また、今後2人目を考えることもあるかと思いますが、妊活中はベジママがおすすめです!