MENU

産後うつはいったいいつまで続くの?

産後うつは、産後ママ全体の10~15%の方に見られる症状で、出産時に多量の出血をした場合や、貧血気味の方に多く見られる症状です。

 

mamanic

 

妊娠中は、エストロゲンプロゲステロンという女性ホルモンがたくさん分泌されて、精神状態も安定しているのですが、出産時に一気に外に出てしまうので急激に減少してしまいます。

 

産後の女性の体の中は大変なことが起こっていて、女性ホルモンの大きな変化に伴い、情緒不安定になるなど、精神的に落ち着かない状態になり、これを産後うつ(マタニティブルー)と言います。

 

産後うつの対策は「深く考えすぎないこと」!?

 

女性ホルモンの影響で引き起るものなので、深く考えすぎないことが大切です。

 

この症状は、産後2週間ほどで落ち着いてくるのですが、里帰り出産をしている場合、1ヶ月程経つと里帰りから戻ります。

 

mamanic

日中は、大人は自分一人だけになり、幼稚園前の子供がいる方は、赤ちゃんだけではなく2人のお世話をしながらの生活になるので、思っている以上にハードな生活が始まります。

 

体力が回復していると思っていても、まだまだ重いものは持てない時期で、おむつ交換も一苦労です。

 

赤ちゃんだけでやっとなのに、家事もこなさないといけないという心にストレスが溜まるようになり、産後うつ症状が大きく出始めてしまうのです。

 

産後うつは、産後4週間以降に出始めるケースが多く、身近に支援してくれる人がおらず、何でも一人で頑張ろうとしてしまう方に多く見られます。

 

しかし、産後うつになってしまったからと言って、自分を責めてはいけません。

 

体や心が回復しきっていないのに、頑張りすぎてしまった為に引き起ってしまうので、疲れたと感じたときは無理をせずに休むことです!

 

産後うつの期間は人それぞれ

 

産後うつは、人によって長く続いてしまう場合があります。

 

2~3ヶ月ほどで落ち着いてくる方もいれば、1年以上も苦しんでしまう方もいます。

 

休まなければならない時に無理せざるを得ない状況だと、症状もその分長引いてしまいます。
産後うつは、体をしっかり休め、心にストレスを抱え込まないように、身近に育児をサポートしてくれる人がいると、回復も早いです。

 

mamanic

 

また、話を聞いてくれるだけでもストレスは発散できるものなので、身近に話ができる人がいると良いですね!

 

そして、自分なりにリフレッシュや気分転換ができるように、少しの時間でも良いので散歩をするようにしましょう。

 

家の中にいると、気持ちがモヤモヤしたままになりがちです。
外気に触れて、少しずつ体を動かしていくと回復も早いです。

 

産後うつの症状は、産後の生活環境でも大きく変化してきます。
早く症状を落ち着かせ、生き生きとした生活がしたいのであれば、自分一人で頑張りすぎず、頼れる人に頼るなどして協力を得て生活をしていきましょう!